ゆっくり食べる

新米会社員の生活と備忘録

まだ失敗したことない-豆花レシピ

f:id:qblankx:20200802100652j:plain

 

東京にいたころは、気軽に豆花を食べに行けたけど今はなかなかそうもいかないので自分で作ることにした。フルーツとも餡とも合うし、茹でピーナッツが用意できれば最高なんだけどなあ。

 

材料

・粉ゼラチン 5g

・豆乳 350ml(やわらかめにするなら400ml)

・はちみつ スプーン2杯くらい

・砂糖 50g(シロップ用)

・水 150ml(シロップ用)

・好きなトッピング

 

豆花

・粉ゼラチンを水25mlに溶かしておく

・豆乳を鍋で温める。湯気が少し出るくらいまで。

・豆乳に溶かしておいた粉ゼラチンとはちみつを加える。

・容器に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫へ入れる。

 

シロップ

・砂糖と水を鍋に入れ火にかける。

 

 

豆乳を沸騰させてしまうと固まりにくくなるらしいので、あまり温めすぎないよう気をつける。数時間冷やして豆花がなかなか固まらなくても、一晩冷やすと固まっていた。焦らないで。

もういくつ寝ると

「つまらない」と感じるのは、お前がつまらない人間だからだ

と言う誰かの声が聞こえてくるような気がして、「つまらない」と口に出すのをためらってしまうが、それにしても毎日つまらない。ちょっと前までは、いつも少し先に何か楽しみがあって、それを励みに毎日を過ごしていたような気がするのに。悲しいことに毎日、1日がいつの間にか終わっている。1分、1秒、同じ間隔で過ぎているはずなのに、楽しみなことがあるとその日が来るのが遠くに感じられ、嫌なことはすぐやって来るように感じたのは、もう昔のことになってしまった。

 

「待ちに待った」の感覚を忘れかけていても、社会人の夏休みは近づいている。ありがたいことに自分の職場ではほぼ希望通り休みを取れるため、前々から会えそうなひとたちにアポをとっていた。友人たち、家族と会えるのはとても楽しみだけど、限られた時間を無駄にしたくないという緊張もある。

恋人は自分の実家の近くに来てくれるので、実家から電車で5分のところのホテルを予約した。そこはちょっとした観光地なのでホテルが沢山あり、たった1泊のためだけどホテル選びはなかなか楽しかった。なかなかお洒落なホテルを見つけることができた。

そういえば今の状況は少し可笑しくて、帰省なのに初めての家に帰る予定になっている。去年末にストーカーまがいのものに悩まされ、上司と警察のすすめで家族の安全のために実家も引っ越すことになったのだった(そういうことで、今はSNSやブログで居場所を発信することを控えている)。新しい場所の実家には、給付金で新調したソファがあるらしいので楽しみ。

 

こう考えると、楽しみ結構あるじゃないか。今はつまらないけど、もうひと踏ん張りがんばろう。

母と出掛けただけの思い出

1000km離れた地元から、母がやって来た。犬を飼っているためなかなか簡単には来られなかったが、今回は家族と都合を合わせることができやっと実現した。2泊3日と余裕のある日程なのに、朝の9時半にこちらの空港へ到着する便を予約していたことから、彼女の張り切りぶりがうかがえた。

自分が今住んでいるところは、食ならお勧めがたくさんあるが、観光といえばこれといったものがない。行ったことがある場所と行ってみたかった初めての場所と、半々くらいで案内をした。

続きを読む

今日もシャンプーを詰め替える

洗濯洗剤やらシャンプーやらの大容量の詰め替えを買うと、数か月後の自分も生きている前提で日々を暮らしていることを感じられて、「ああ、生きている」と強く思う。ところで、「今、自分が死んだら…。死んだとしても残念ではないし、なにも困らない」と今までに何回も考えたことがあった。特につらい目にあったわけでも世界に絶望したわけでもないけれど、そう考えていた。そういう人間が大容量の詰め替えをスーパーで買っていることが、面白いと思う。

 

昨日、日本の俳優がひとり亡くなった。人気俳優であったこと、突然の死であったこと、そして自殺だったことで、もちろん沢山の人がSNS上でも、それ以外の場でも反応していた。すべての反応を見ることは不可能だが、いくつかの反応を見ていて気になったものが、「見えないところでつらさを抱えていたんだな」という言葉。

本人はもう語らないのでその真相を我々が知ることはできないだろうが、なにかが相当つらかったから、自分で命を終わらせることを選んだのだろう。どんな人であっても(彼のように”順風満帆に見える人”でも)、つらさを抱えている。人がつらいと感じる程度にも差がある。あるものや状況が、Aという人にとってはネガティブなもの、Bという人にとってはそうでないもの(ときにポジティブなもの)になり得る。そいういうことを当たり前に考えていた自分は、一人の人間が自殺という行為をしたことで「つらさを抱えていたんだな」とコメントする人が多いことを、なにか残念に感じた。病気や自殺に至らなくても、みんなつらさを抱えている。その想像をいつも忘れないでいたい。しかしこの出来事が、多くの人がそのことに気づくきっかけになっているかもしれないとも思う。

 

昨日の出来事とは別に、自分に関してある事実や状況があって、それに対して「つらいね」と言われることにも違和感を抱く。自分の父親は精神病になり自殺したが、そのことを人に話すということについては非常に慎重になる。父親についてのことは、年月が経って今は落ち着いている。「遠距離のパートナーがいる」とか「小学生の子どもがいる」とか、それくらいの状態に思っている。苦労しているんだね、と特別に重みのあるコメントをもらうと、そんなふうに思われるつもりではなかったと狼狽える。うまく説明できないが、本人を飛び越えて、つらさを測らないで欲しいということなのかもしれない。これは自分のなかで整理できていないので、また書くことがあるかもしれない。

 

わかっているのに忘れそうになる

今の職場で一緒に仕事をしている上司がクセの強い人で、わりとずっとその上司のことを考えてはモヤモヤイライラしている。その態度は職場でも隠しきれておらず、上長にやんわりと注意されるほどである。自分でももう少し穏やかな人間になりたい、余裕をもちたいと思いつつ、毎日イラつきを表に出してしまう日々。

おそらく、その上司に対しては期待してない心と期待している心を両方持ってしまっているから中途半端な期待を抱いてしまい、結局その期待通りにしてもらえないことで、エッ!どうして!?と焦ってしまうんだろうな。期待しないほうがいいんだろうか。

 

自分には東京にも関西にも九州にも知り合いがいて、いろんな境遇、業種の知人友人がいるはずなのにどんどん世界が、視野が狭まっている気がして、このままではマズい。そう思うのだったら積極的に連絡をとれよ、と自分でも思うし人にも言われると思うから他のSNSで言う気にもなれずここで吐き出している次第。今いる世界がすべてではないことを知っているだろう!わかっているはずなのに。

 

学生のとき最後の2年間ほど、アルバイトを掛け持ちして半々くらいで働いていた。なかなか大変だったけど、複数の世界を行ったり来たりする働き方は、けっこう自分に合っていたのかもと思っている。片方の職場でうまくいかなくても、その日のうちにもう一方の職場に移動すれば「こっちでうまくやればプラマイゼロ」と切り替えられたし、同業種だったけど2つの職場で評価基準が違うから過剰に「自分はできる/できない」と思いすぎることがないのもよかった。
 
いつもに増してとっ散らかった内容になってしまった。まあ頭のなかが散らかっているからしょうがない。

変わるとき

 f:id:qblankx:20200629124244j:plain

今月から職場に新入社員がやって来て、ついに自分は新入社員というポジションから追い出されることになった。支店長と自分の組織長も最近交代があり、職場がバタバタとしている。それと、この数週間のうちに仕事でがんばりどころが何回かあって、それを迎える当日午前3時に目が覚めてしまってノートに考えをまとめだすということがあった。そういう緊張が続いたせいか、先週と今週での久しぶりの飲み会では、以前よりも酒のペースが早くなったような気がする。

私生活でもがんばりどころというか、今までの自分から変わらなければいけないことから、目を逸らすことができなくなった。変わらないと動けないし、動かないと変わらない。なんだかんだ、「いつもの」とか「ルーティン」が心地良く感じるほうの人間なんだなと感じる。

2週間前から育てているインドゴムノキ。梅雨のなかしばしばやって来る大雨に曝すのはかわいそうと思い、雨の日は部屋にあげている。(画像は、降り始めてしばらくしてから雨に気づいたとき。)最初の1週間は育っているように感じられなくて、フェイクなんじゃないかと疑うくらいだったものが、急に一部分を伸ばし始めて1日ごとに目に見えて変化がわかるようになった。夏は植物を育てる。暑い夏は季節のなかでいちばん苦手だけど、少しの楽しみができた。

ピンクの葉のインドゴムノキ

f:id:qblankx:20200616204237j:plain

植物を家に置きたいと思ってたんだけど、育てるのに自信がないから躊躇っていた。フェイクグリーンはこのあいだ買った。だけど今日の仕事中に買おう!と意思が固まって、さっそく連れ帰ってきた。

ピンク色が混ざっている葉のインドゴムノキ。どれくらい大きくなるのか楽しみだな。これからよろしくね。