ゆっくり食べる

東京育ち人間が初めてほかの場所で暮らしてる日記

1・2月で読んだ本

年始に「月2冊以上、本を読む」という目標を立てた。1、2月を経て、目標通り継続できているので一旦振り返りたい。今回は5冊。

 

①『命売ります』三島 由紀夫

主人公は、自殺しそこなった男・羽仁男。始まりから終わりまでの、羽仁男の変化が面白い。「命売ります」と新聞に広告を出すような人間には、まともなことが起こらないだろうと予想ができるけど、その予想を上回る驚きの展開があった。たしか帰省の飛行機の中で読んでいたら、「エッ」と声を出して驚いてしまった場面があった。

命売ります (ちくま文庫)

 

②『噛みあわない会話と、ある過去について』辻村 深月

収録されている4作すべて女性を取り巻く人間関係の話だった。どれも、昔の出来事が今の状況に繋がって、ドキっとしたりハラハラしたりするストーリー。

自分自身にも身に覚えがある類の、人との関係の中で生まれる緊張が続き、小説の話なのにもかかわらず肝を冷やす。

噛みあわない会話と、ある過去について

 

③『もうひとつのワンダー』R・J・パラシオ

映画『ワンダー 君は太陽』を夏に観たから、読んでみた。児童書『ワンダー』のスピンオフ作品で、映画の主人公オギーのクラスメイトたち3人の視点からのストーリー。

恐らくこの作品を読んだ人の多くが、ジュリアンのおばあちゃんの話が印象に残っていると思う。子どもにも子ども向けの易しい言葉を使わず、自分のファッションを貫くカッコいいおばあちゃんが、困難を乗り越えようとするジュリアンにだけ明かした昔話が感動的なのだ。

それから「優等生キャラ」のシャーロットがスクールライフをがんばる話は、(おそらく)元優等生の自分も共感できる部分が多く、懐かしい気持ちになった。

もうひとつのワンダー

 

④『鍵のない夢を見る』辻村 深月

またもや辻村作品、そして今度も女性を取り巻く5つの短編集。

出てくる人々に対して「うわあ、どうしてそんなことするかな!」と言いたいが、どれも現実に存在しそうな人物なのが怖い。たしかすべて犯罪が関わっている話だったから、全体的に暗くドロドロとした感じで、読み終わったころには疲労感がある。好き嫌いあるかもしれぬ。

鍵のない夢を見る (文春文庫)

 

⑤『暗いところで待ち合わせ』乙一

記憶が定かではないけど、数年前に友人に勧められて買った本だったと思う。申し訳ないが読み止しのまま本棚に置いていたので、この度発掘して読んだ。

読み直してみて、なるほど昔の自分が読み終えなかった理由がわかった。盲目の女性と、彼女の家に潜む男の物語で、本当に「静か」なストーリーだから、なんだか眠くなるのだ。

だけど眠気に抗いながら読み進めていくと、なかなか面白い展開があった。

暗いところで待ち合わせ

雪国紀行 

2月は祝日が2日間もある。4連休を作りだして、雪国に住む恋人に会いに行った。

連休初日の木曜の朝から出発して、昼過ぎに到着するスケジュールにしようかと思っていたが、絆されて水曜の退勤後に急いで新幹線に飛び乗ることにした。我ながらガッツがある行動力で笑う。深夜0時前に彼の部屋に着いた。

 

続きを読む

家具もユーズドがお好き

先月末に注文したテーブルが届いた。

本格的に在宅勤務をするようになってきて、床ではなく椅子に座って作業できるようにしたいと、テーブルを年明け頃から探していたのだ。悲鳴をあげていた背中や首を労ってあげたい。

1年前のこの記事でも紹介しているけど、家具のwebショップを見て回るのが好きだったりする。もちろん今回も、あれでもないこれでもないと、色々なショップを毎日見張っていた。

 

テーブルは、Roccaというユーズド家具のwebショップで購入した。

Rocca | デザイナーズ家具・北欧家具など暮らしを豊かにするインテリアショップ

以前にこのショップで本棚を購入したことがあり、丁寧な対応をしてもらったので信頼がある。

商品紹介によると、マッシュルームテーブルという『ヴィクトリアン末期からエドワーディアンにかけて流行したテーブル』とのこと。うーん、100年前くらいの家具ということ?それが自分の部屋にあるなんて素敵すぎるじゃん。

 f:id:qblankx:20210207212604j:plain

さて、これで本棚、テレビ台、サイドテーブルに続いて、ユーズド家具が揃った。

ユーズド家具は、キズがあったりグラグラしたり、扉が閉まりきらなかったりするから、そのあたり理解ある人でないと楽しめないと思うけど、装飾や色味が綺麗で魅力がある。お店によっては、ユーズド家具にリペアしたものを売っていたりするから、そこで味が生まれてまた良い。

 f:id:qblankx:20210207212641j:plain

f:id:qblankx:20210207212857j:plain

f:id:qblankx:20210207212739j:plain

こんなにも部屋を可愛くしているのにほとんどお客を招いたことがないのは残念だな。

苺とチーズケーキのパフェ

第2回目のパフェは、ほとんどの材料を業務スーパーで揃えて作った。


在宅勤務のお供用に、ファミマでバニラクリームサンドクラッカーを買っていたのでそれを3枚使った。

あとは、チョコブラウニーとレアチーズケーキと冷凍苺を業務スーパーで買った。

追加でMOWのストロベリー味を乗せて。


レアチーズケーキを乗せ過ぎて、ややこってりすぎたけど材料はすべて美味しいので、あっという間に平らげた。

f:id:qblankx:20210223160540j:plain

「そのままで」 簡単なようで難しい

仕事柄、人権に関する勉強会やセミナーに参加することがある。会社の勤務時間に受けることもあるけど、週末に近所の人権センターで開催されているものに参加することもある。

この間は、子ども向けの性的マイノリティ教育について考えるセミナーに参加した。そこで、絵本の紹介があった。それらの本を良いなと思ったので、記録したい。

どの本も、性的マイノリティ教育に特化しているのではなくて、多様性理解の内容だった。

 

・『ええやん そのままで』 

ええやん そのままで (エルくらぶ)

 この絵本はイラストがカラフルで可愛いのと、関西弁でポップに訳されているのが気に入った。そしてなにより、人と違ったって「ええやん」と何度も繰り返されるのがいい。子どもだけではなくて、何歳の誰にでも何回も言ってあげたい。それから、自分にも。

「そのままでいい」と、人には言えるようになったけど、自分に対して思うのはもっとずっと難しい。自分のことになると、格好つけたがりで、人と少しでも違うとたちまち不安になってしまうから。

 

・『いろいろいろんなかぞくのほん』 

いろいろ いろんな かぞくの ほん

世の中には色んな家族がいるというのは、成長すればわかることだし当たり前なことだけど、子どものうちはなかなか知る機会がないんじゃないかな。家族構成も違えば、生活のスタイルも違う。何が良くて何が悪いとかではなくて、色んな過ごし方があるとわかるような本だと思う。

思いつきでパフェづくり

緊急事態宣言が出されてからというもの、週の半分は在宅勤務だし、出勤しても周りの人たちと交替で在宅勤務をしているので、日々雑談をすることがほとんど無くなった。ぺちゃくちゃとくだらない話をするのは、恋人との通話の時間くらい。毎日30分~2時間くらい話す。

普段は2人で話をしているけど、恋人はたまにほかの人を巻き込んで通話をしたがる。それで、ごくたまに自分の家族と通話をしたりする。一昨日、妹にかけてみたら母親も同じ場にいたから、恋人と母と妹と自分の4人で通話して楽しかった。1時間ほどの通話時間のなかで、なんとなく手がさみしかったので、冷蔵庫にあった牛乳でミルクプリンを作っていた。

 

ミルクプリンはそれだけで食べても美味しいけど、パフェに入れたら美味しそうと思って、急に「パフェを作ろう」と思い立った。先週、ロイヤルホストのパフェを食べてから、虜になってしまったのかもしれない。

熱が冷めないうちに即準備!ということで、バスで10分ほどの場所にある雑貨屋にパフェグラスが売っているのがわかったので、早速買ってきた。今回は抹茶アイスとつぶあんを用意して、和風パフェにしてみた。

我ながらなかなかうまくいったと思っている。真ん中に入れた白ごまが良く利いてたな。今度はフルーツパフェに挑戦してみよう。

f:id:qblankx:20210124184000j:plain

今年の目標 貪欲になってみる

もう今年に入って半月以上過ぎてしまった。年末年始には帰省したのだけど、それがけっこう昔のことに感じる。会社の方針で県外に行った人は原則1週間出勤を控えるということで、年明け1週間は在宅勤務していた。

SNSで知人等の会社の話を目にする。在宅勤務関連の制度が整っていない会社もまだまだある中で、自分が勤める会社は、在宅含めたリモート勤務実施時の手当も出るし、私用の電話での通話料も負担されるし、早くから支援がされていたのだと改めて感じた。

これからの会社探しは、リモート勤務ができるかどうかが重要な基準になったりするのかな。

 

さて、仕事のことは置いておいて、今年の生活の目標を立ててみた。

まず、読書量を増やす。どんなに忙しくても、月に2冊以上は読む。小説はハマればサクサク読めるんだけど、小説以外にも手を出さねばならぬと思っている。

それから、ちょっと無理やりにでも睡眠時間を確保する。平日は22時半には布団に入ること。半月間その生活をしてみたら、心なしか肌の調子がいいし、昨年のような謎の焦燥感や不安感が少し薄れているような気がしてなかなか良いスタートだ。

最後に、お金のこと。昨年は特に貯金を頑張る意識をもたなくても100万円以上貯めることができた。今年はもう少し頑張って200万円貯めたい。ただ、昨年のようなペースだと200万には難しそうなので、貯金用の口座を作るのと、増やす取り組みをしてみようかと検討中。

 

今年は、ちゃんと数字の目標を立てて、月ごとの振り返りもして、着実に実行していきたい。「なんとなく」だとぬるりとしてしまうから、もっと貪欲にガツガツと頑張りますぞ。

f:id:qblankx:20210118212857j:plain