おでこが広い、それがなんだ

就活がもうすぐ終わりそうなので、終わった瞬間にバッサリと切ってやろうと思っています。

中学生以来ミディアム~ロングの長さでやってきたので、今回はめちゃめちゃにショートにしたいです。

こうやって書いていると、色んなヘアスタイルを楽しむ人のように見えるかもしれないですが、それは間違いです。

わたしは物心ついたときから、「人類全員丸坊主が当たり前の世界になればいいのに」という願望をもち続けている人間なのですから。

突然ですが、0歳の頃のわたしをご覧ください。

真ん中の赤い服を着た子がわたしで、近い日付に生まれた子が左右にいます。

f:id:qblankx:20180522162525j:image

…お気づきでしょうか。紛れもなくわたしの髪が薄いことに。

左側にいる男の子の毛量が標準だとして、右側の女の子なんて前髪をピンで留めていらっしゃいます。

前髪という概念がない、留める髪がないわたしにとっては、理解の範疇を超える存在であったことでしょう。

 

おまけに現在でも、わたしのおでこは広い。自分の手のひらが丸々収まる広さです。

フェイスパックのおでこ部分は足りないし、写真を撮ればおでこの部分だけペカ〜と光ります。

くせ毛&細い&少ないなどの特徴をもった自分の髪に満足したことはなく、いっそのこと無くなればいいのにと本気で思っています。

 

ですがヘアスタイルが、他者に与える人間の印象や、人間の気持ちに影響を与えていることを実感していることも確かです。

わたしの経験でいえば、前髪の有無がわかりやすいです。

 

こだわり前髪時代

f:id:qblankx:20180522162536j:image

わたしは中学・高校と、いわゆるパッツン前髪にこだわっていました。

とにかく、広いおでこを出したくなかった。(もちろんふざけてだけれど)友人にハゲ!ハゲ!と言われてさらにおでこ(薄い髪?)を気にするようになりました。

どれくらいこだわっていたかというと、常に小さい櫛を携帯して暇さえあれば前髪を整えるし、前髪に他人の手が近づけば反射で払いのける。

前髪が崩れるのが嫌だったので、どことなく身体の動きも表情も、かたかったように思います。

 

高校生になると誕生日プレゼントにヘアーアイロンを買ってもらい、毎朝シューっとしてました。ただでさえ傷みやすい髪。みるみるとギシギシとした茶色い髪になりました。

当時クラスメイトだった男の子とデートしていたとき、髪を触られながら「ヴァイオリンの弓の毛(馬の尻尾の毛)に似てる」と言われたことがあります。彼の家庭が少々お金持ちで、ヴァイオリンを習っていたことが引き起こした悲劇といえるでしょう。

 

転機

そんなこだわり前髪を手放すことになったきっかけは、大学受験です。

大学受験には、集中が大事です。集中するために、鬱陶しい前髪をピンで留めて勉強していました。美容院に行く時間や、自宅で前髪をセルフカットする時間も惜しいので、髪は伸ばしっぱなしでした。

そんなこんなで、高校卒業時にはすっかり前髪は伸び、おでこを出すヘアスタイルになりました。

 

無事に志望大学にも合格し、さてこれからのヘアスタイルをどうしよう。

結局、おでこを見せていることについて「似合わない」と言われることはなかった(「似合ってる」とも言われなかった)のをいいことに、「せっかく伸ばしてもったいないから」と、長い前髪をキープしたまま大学生活を始めることにしました。

 

おでこを出すメリット

そして気づくと4年生になり、「どうして昔はあんなに『前髪がなきゃダメ』なんて思ってたんだろう」と不思議に思うように。

おでこを出すことのメリット、いくつかあります。たぶんこれだけじゃないはず。

 

セルフカットしなくていい

 これはだいぶ大きいですね。セルフカットって大体うまくいかないし、美容院に行ったとき「コレ自分で切った?」って聞かれますし。

〇前髪が崩れることを気にしなくていい

 せっかく整えた前髪が、一瞬にして崩れるときの虚しさったらないですよね。それにしてもTVに出てるアイドルの前髪が崩れてないのには、いつも感動します。触ると固いのかな。

〇肌荒れしにくい

 年齢のタイミングもよかったのか、おでこを出し始めてから肌荒れが治まりました。

〇大人っぽい・知的な印象を与える

 これは私だけでなく、友人を見ていても感じます。おでこをどれくらい出すのかを変化させることでも、印象は変わりますね。

〇表情が伝わりやすい

 表情の変化がわかりやすい人は、男女問わずチャーミングです。それと、眉毛ってけっこう大事なんだなと。『眉毛は表情の9割』とかいうタイトルの本を出そうかしら。

 

もちろん、前髪を恋しく思うときもあります。

  • ぱっつん前髪はできない
  • 眉毛の手入れは欠かせない
  • すっぴんメガネは注意

 気づくと、芸人コンビ「馬鹿よ貴方は」の平井“ファラオ”光さんに似てしまうことがあります。

 

2、3年間、堂々とおでこを見せ続けていると、「大人っぽい」などと言っていただけるようになりました…。

そしてなにより、でこっぱちの良さに気づかせてくれた百田夏菜子さんに感謝…。

 

おわりに

こんなにおでこを見せることについて語っておいて、わたしはみなさんに「おでこを出せ」と言いたいわけではありません。

今こだわっていたり悩んでいたりするものも、「どうしてあんなに気にしてたのだろう」と思う程にどうでもよくなるものです。

こういうのってなんとなく、心の脱皮みたいだな、と思います。「当たり前」が更新されていくみたいな。

大胆な経験をしなくとも、ぬるっと常に自分を更新し続けられたらいいな。

副都心だいすき人間

えらく久しぶりにブログを始めます。

このブログでは初めての記事なので、まず自己紹介をします。

 

都内の大学に通う学生です。

大学生4年目ともなると、学生生活において「初めて」の経験が少なくなります。

授業も、アルバイトもサークルも、もう一通り経験した。去年も今年も同じようなもの。

そういった点で就職活動は、そのほとんどにおいて「初めて」なことが沢山でとても刺激的なものだったけれど、できることならもう二度とやりたくありません。

渋谷、新宿、池袋が含まれた定期券で大学に通っているので、だいたいそこらへんの範囲で行動しています。

 

次は、趣味。

サークルの新歓活動や就職活動、その他様々な場で、「古着を着ること・筋トレ」と繰り返し言ってきました。が、今となってはどちらも消えかかっています。

古着は今でも大好きだけれど、新しく買うことを控えています。

オフィスカジュアルを着こなすOLを目指すにあたり、まずは派手な柄や色ではなく、そして変な形をしていない服を揃えないといけないからです。(でも本当はめちゃめちゃ欲してる)

筋トレは…もともとは、家にあるトレーニング器具でできる程度のものを毎日継続(約5年)していたくらい。でも、今ではそれすらしない日があります。

そのせいか疲れやすくなった気がするので、生きやすくなるために本格的に再開します。

 

TV番組の人物説明なんて年齢と職業くらいだし、だいたいこんなものでいいですかね。

これからよろしくお願いします。

f:id:qblankx:20180520080131j:image