ゆっくり食べる

新米会社員の生活と備忘録

終わってみると勉強楽しいとか言っちゃう

2020年10月18日、宅建士の試験を受けた。自己採点したけど不合格だな。50点中30点。

今年からぬるぬる独学してただけだから受かるほうが可能性は低いだろうに、直前にちょっと頑張って過去問解いてイケるかもと思ってしまったから妙に悔しい。まあ、これも経験ですわね。また来年。

 

ということで、集中勉強期間が終わったので復活します。ジムも行く。本も読むしダンスも踊る。

f:id:qblankx:20201018204050j:plain

少しずつオンラインへ

f:id:qblankx:20200907195702j:plain

この春からは、仕事でもプライベートでも「オンラインで開催することとなりました」との連絡が届く。

自分の仕事はほとんどが在宅でできるものだけど、一緒に仕事をしている上司が毎日出勤されるタイプの方なので、たまに出勤して打ち合わせをまとめてしている。仕事ではこれから社内向けの研修や勉強会を開催しなければならないけど、今までのように集まって受講してもらうことは難しいだろうから、オンライン研修なりeラーニングなりに切り替えるなど考えなくてはいけない。

 

プライベートでもオンラインで開催されるイベントが増えて、東京から離れた自分でも参加できる機会がぐっと増えた。2年前くらいからpeatixというイベント検索アプリを使って、たまにイベントに参加していたのだけど、今では掲載されているイベントのほとんどがオンライン開催のものだ。アプリ内でイベントの開催地を選べる機能があるけど、都道府県のほかに「オンライン」という選択肢も追加したらどうだろうと思ったり。早速、興味のある講座をいくつか受けたりしている。先日は、メンタルモデルという自己理解の手法についての講座を受けて、面白かった。(まだ消化しきれていない部分も多いけれど…)

 

それから、複数人でビデオ通話するのが当たり前になったのも嬉しい。オンラインであれば、東京だろうが北海道だろうが九州だろうがどこに居る人も同じ状態で繋がることができる。もしこれが当たり前でなかったら、集会の場に来られない人はまた今度、と交流の機会がなくなっていったのだろう。先週と今週、大学時代の友人たちとオンラインで久々に話すことができた。それぞれコロナで生活が変わっているなかでも、着実に色々な経験を積んでいるなあとしみじみ。

 

それでもやっぱり、オンラインでも補完しきれないものも沢山ある。学生のころに所属していた合唱サークルが、発表ステージはおろか日々の練習までもほとんどできない状態にあることを知り、OGとして心苦しい。なんと学園祭はオンラインで開催されるらしく、それにあわせて動画での出展となるらしいけど、やはりステージで歌う経験は何ものにも代えがたい。

 

こんな感じで、自分も少しずつオンラインを取り込みながら生活している。直接会えなくなったのを残念がり、諦めるだけではなくて、繋がる手段を考えていかないといけない時代だな。よくわからないからといってアップデートを怠ってはいけない...。

日記と手紙から感じる時間

f:id:qblankx:20200830140721j:plain

自分は物覚えが良い方ではない。誰になにを話したのか忘れてしまっていることがしばしばある。一方で恋人は物事をよく覚えている。本当に覚えすぎていて、話していていつも感心する。だから、自分だけが過去に話したことを忘れていて、よく彼を悲しませる。

自分だって彼との出来事をできるだけ覚えておきたいと思っているので、日記をつけ始めた。家の中を探したが、日記帳にできるようなノートが学生時代に授業でもらったフィールドノートしかなかったので、それにつけることにした。フィールドノートというのは、野外で調査をする人がその場で記録を残すためのノート。立って書き込みやすいように、手のひらサイズで表紙がかたい。中紙が罫線ではなく方眼なので字を書きやすいし、色味が可愛いので気に入っている。

日記の内容は主に彼との出来事だけど、もちろんその他のことも書いていい。それから、思い立ったら即書き込むようにしている。出勤前に書いた「久しぶりの出勤で怠い。」とかが、寝る前の自分にとっても若干の懐かしさがあるのが面白い。(というかそれはTwitterじゃないか、とも思うけど、自分にとってのTwitterは他者への発信が主目的だから、滅多にそういう記録はしない)

今まで何度か日記をつけることを試したことがある。だけどあまり長続きしなかった。一日の終わりにその日の出来事を「なんでも」まとめて思い出して書き込む作業というのは、意外にも自分にとってハードルになっていたのかもしれない。

それから今月の中旬ごろ、彼の仕事がハードで、自分は話を聞くだけで何も助けになれないことにやきもきしたので手紙を送った。とはいえ内容はなんてことはない。頑張ってるね、応援するよ、みたいな感じ。それに今の時代に手書きで、切手を貼って…なんてアナログなやり方は人にとっては無駄に感じるかもしれない。だけど、彼は「かけた時間」を感じ取って、大事に思ってくれる人だと知っているから、手紙を送ることにした。春生まれだけど、バースデープレゼントの券も同封した。

f:id:qblankx:20200823112210j:plain

我ながら可愛いことしてるなあと、少し恥ずかしい。でもこの日記や手紙たちが、のちのちの自分たちにとってもっと良い意味をもつものになると信じている。

夏休みのしあわせたち

お盆に合わせて夏休みをとって、コロナに気をつけながら友人たちと美味しいものをたくさん食べた。幸せな記憶。

アルバイトしていたお店に遊びに行ったら、お皿もりもりに作ってくれて嬉しかったけど食べきれなかった。お持ち帰りした。

 

西川口の羊肉

f:id:qblankx:20200823125904j:plain

西早稲田スリランカ料理

f:id:qblankx:20200823125931j:plain

f:id:qblankx:20200823130015j:plain

・自由が丘のイタリアン

f:id:qblankx:20200823130129j:plain

f:id:qblankx:20200823130150j:plain

・中目黒のイタリアン

f:id:qblankx:20200823130304j:plain

f:id:qblankx:20200823130329j:plain

f:id:qblankx:20200823130351j:plain

・中目黒のメキシコ料理

f:id:qblankx:20200823130529j:plain

f:id:qblankx:20200813203150j:plain

・銀座スイス本店

f:id:qblankx:20200823130722j:plain

f:id:qblankx:20200823130803j:plain

・横浜元町・中華街の餃子

 f:id:qblankx:20200823130847j:plain


おまけ 友人の家族がやっている雑貨屋さんで買った素敵グラス

f:id:qblankx:20200816192409j:plain

苦いアイツに手を出してみた

溶けるはずのないものが溶けてしまうような気温が続いていますが、皆さんお元気ですか。これはもう暑さとの戦い。無策では生き延びられない。とはいえ、できることと言えば、電気代を惜しまず十分にクーラーを効かせることと、しっかり水分と栄養をとることかな。

 

夏野菜は色鮮やかでみずみずしそうで、まさに夏にたっぷりと食べたくなる。スーパーでゴーヤを見かけるようになって興味はあったけれど、調理が難しそうで手を出さずにいたのだが、ついに試しに一本買ってみた。レシピサイトで下ごしらえの方法を調べてみると、料理に使う厚さに切ってから砂糖と塩をかけてしばらく置くだけでいいそうだ。砂糖は口に入れた直後の苦みを少なくし、塩はその後の苦みを少なくするらしい。

 f:id:qblankx:20200823094736j:plain

f:id:qblankx:20200823094812j:plain

今回はごま和えにすることにした。すぐ味見をしたら、やっぱり美味くて自分を褒めたたえたい気持ちになった。

 

自炊を始めてから10ヶ月ほど経って使う食材がマンネリ化してきたので、最近は初めての食材に挑戦してみている。ゴーヤの前は、砂肝と豚タンを買ってみた。醤油・砂糖・みりんで炒めたら、肉はだいたい美味い。砂肝は、アルバイトをしていたときに、お店のまかないでよく食べていたから懐かしい。相変わらず好きだ。

今度は何の食材に挑戦してみようかな。

ここぞとばかりに映画を観た

f:id:qblankx:20200817215151j:plain

ニュースでは各地の知事が帰省を控えてほしいと要請し、友人たちも実家の親族から帰ってくるなと言われたとどこにも出掛けない夏休みを過ごしているらしい。そんな中、自分はこそこそと実家へ帰った。あわせて、9日間帰っていた。

自分以外の家族は夏休みらしい休みが無いため、彼女らの普段通りの生活に自分が突如入り込んだだけのかたちだった。だから特別に揃って食事をするわけでも、どこかに出掛けるわけでもなく、各々が自分たちのペースで家を出て家に帰るだけだった。実家にいれば犬に会えたから、家族に会わないのはほとんど気にすべきことではなかった。

友人とも約束をして、会った。9日間、毎日猛暑と日照りのなか出掛けたからそれなりに日焼けした気がする。虫もよく死んでいた。

 

それからTVでAmazon primeの映画を観ることができたので、時間があれば次々と観ることにした。自分はAmazon primeのような定額動画視聴サービスを利用したことがないので、すぐに色々な映画を探して観ることができたのは新鮮で楽しかった。(20代とは思えない時代遅れ感...)

 

1.ワンダー 君は太陽

2.メイジーの瞳

3.ヘアスプレー

4.ジャージー・ボーイズ

5.英国王のスピーチ

6.ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

 

何も考えずに見ていたけど、主人公の年齢がどんどん上がっていく順番で選んでいた。ワンダー 君は太陽」のヴィアやジャスティンのように、静かな優しさをもった人に憧れる。最後の2本は夫婦の関係の良さがグッときて、泣いた。

ほかには、「きっと、うまくいく」と「アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング」と「世界にひとつのプレイブック」と「彼女が目覚めるその日まで」を、途中で観るのをやめたまま帰ってきてしまった。映画の話、誰かと気楽にしてみたいな。

 

まだ失敗したことない-豆花レシピ

f:id:qblankx:20200802100652j:plain

 

東京にいたころは、気軽に豆花を食べに行けたけど今はなかなかそうもいかないので自分で作ることにした。フルーツとも餡とも合うし、茹でピーナッツが用意できれば最高なんだけどなあ。

 

材料

・粉ゼラチン 5g

・豆乳 350ml(やわらかめにするなら400ml)

・はちみつ スプーン2杯くらい

・砂糖 50g(シロップ用)

・水 150ml(シロップ用)

・好きなトッピング

 

豆花

・粉ゼラチンを水25mlに溶かしておく

・豆乳を鍋で温める。湯気が少し出るくらいまで。

・豆乳に溶かしておいた粉ゼラチンとはちみつを加える。

・容器に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫へ入れる。

 

シロップ

・砂糖と水を鍋に入れ火にかける。

 

 

豆乳を沸騰させてしまうと固まりにくくなるらしいので、あまり温めすぎないよう気をつける。数時間冷やして豆花がなかなか固まらなくても、一晩冷やすと固まっていた。焦らないで。